お知らせ

エスプラスの家づくり

本日はエスプラスの家づくりについてのお知らせです。

エスプラスの家は2×4工法で建てられます。
2×4とは、住宅を建てる工法の名前で日本では正式名称「枠組壁工法」となっています。

起源は19世紀の北米で、2インチ×4インチの木材が多く使われていたため、2×4(ツーバイフォー)と呼ばれるようになりました。
現在ではカナダ・アメリカの木造住宅の90%以上が2×4工法であり、ヨーロッパをはじめ世界各国に普及しています。
日本においては、古くは明治時代に建てられた札幌の時計台が2×4の原型で建てられたものとして有名です。

日本従来の工法である軸組工法は「線」によって構成、2×4工法は「面」によって構成されています。
縦格子状の「枠」をつくり、その枠に合板をくぎ打ちしてパネル化します。
このパネルを用いて大きな箱を作るように躯体を組み立てていきます。
このパネルが耐久壁となり、建物全体にバランスよく配置することで、地震や風圧,屋根や床の荷重に耐えるようになっています。

省エネルギー性に大きな影響を与えるのが気密性と断熱性。
面構造で気密性が元々高い2×4は、さらに外壁の中に十分な断熱材を入れるなど暑さ寒さを防ぐための工夫がなされ、非常に高断熱です。気密・断熱性が高いと、外気温の変化を受けにくくなるとともに、内部の熱や冷気を逃しにくくし、少ないエネルギーで冷暖房が可能です。

カタログ請求

コメントは受け付けていません。